java開発者の管理者

プログラマーにとっては、プログラミングの技術を学ぶことが重要な勉強です。むしろ、まずは学ばなければ始まりません。
プログラミングに必要な知識は膨大である事から、常に新しいことを学び続ける姿勢が必要です。javaによるソフトウェア開発に携わるのであれば、必然的にjavaのプログラム言語が学習対象になります。このように、プログラマーとして仕事を続けるためには、勤勉である事が求められるのです。
またその一方で、ソフトウェア開発を率いる管理職となると、プログラミングに関する知識以外の勉強についても、取り組まなければなりません。管理職となると、コミュニケーションができる能力が求められます。しかし、技術一辺倒でスキルアップを目指してきたプログラマーにとっては、コミュニケーション能力がウィークポイントであるケースが多いです。自身ではうまく交流できているように思えていても、肝心な情報が相手に伝わっていなかったり、あるいは人間関係がギクシャクしがちです。管理職に就くからには、コミュニケーション能力は必須となる重要度の高いスキルです。
特に上位の管理職ともなれば、さらにコミュニケーションスキルの優先度が高まります。javaプログラミングの勉強とは勝手が異なるものの、勤勉にスキル向上に取り組んできたプログラマーであれば、対応は可能です。コミュニケーションがどのようなものであるかの本質を理解し、スキルアップのための課題を見つけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です