javaを学習するメリット

世の中にはアプリやソフトウェアを開発するためのプログラミング言語が数多くあります。その中でもjavaは習得するメリットが多く、実用性の高い言語です。
この言語を習得すると実際にシステムの構築にすぐに役立てることが可能になります。また、バイトコードを仮想マシンで読み込むことによりマルチプラットフォームを実現させています。そのため、開発した環境に依存することなくいろいろな環境で活用することが出来ます。この言語一つ習得するとシステム開発からスマートフォンアプリまでいろいろな場面で利用することが出来ます。これからプログラミング言語を学ぶなら実用的なjavaがおすすめです。

プログラミングの勉強でCやC++等から始めるといいという人もいますがC系の言語を使って何かをつくろうと思えばとても大変になります。その大きな理由の一つとしてメモリ管理があります。プログラムを組む際にはコンピュータのメモリを意識しなければなりません。メモリを確保し、使わなくなると開放する、この手順はプログラミングを始めたばかりの人には少し複雑かもしれません。しかしjavaではメモリ管理を意識せずにプログラミングが出来るような仕様になっています。また、オブジェクト指向言語でもあるので、javaを学習すると他のオブジェクト指向言語も理解しやすくなります。
特にシステムを組むことを仕事にするにはC++は外せません。後々C++の習得を考えている場合同じオブジェクト指向でメモリ管理も楽な言語から始めるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です